ページ

スポンサード リンク

2010年1月31日日曜日

工事中ご迷惑をおかけして申し訳ありません。







 これも以前アップした工事関係イラスト素材の制作例です。
 工事現場の近辺を通る通行人や、その付近の住民に向けた看板でよく見かけるイラストです。
 「工事中ご迷惑をおかけして申し訳ございません。」とか「工事中につき、ご不便、今しばらくご容赦下さい。」とかの文言の隣に配置されている、すっかりおなじみのイラストです。
 工事現場にこんな感じのイラストが見あたらないと、その工事空間にちょっと違和感が漂います。
 それほど、工事現場には欠かせないものとして多くの人々に認知されているイラストなのです。

 ある意味、近隣対策のお守りみたいに良く使われているイラストです。
 近頃では、頭を下げている工事作業員のイラストを「オジギビト」などと呼んでいます。
 「工事作業員一同、安全作業に努め、一日も早く工事を完了させるために努力致しております。」と文言を結べば、工事従事者の誠意あるメッセージが看板に盛り込まれていて、工事現場付近を通行する人達に、少し安堵感を与えることが出来るかもしれません。
 殺伐とした工事現場には大きな不安と小さな期待が付きまとうものなのです。

2010年1月30日土曜日

夏の花、ひまわり







 ひまわりのイラストです。
 英語名はサンフラワー(カタカナですが)。
 ヒマワリの花の種は食用になります。ヒマワリ油としての油糧にもなっています。笑顔を絶やさない、プラス志向のイメージが伴う花ですね。
 ヒマワリの花言葉は、熱愛とかあこがれとか敬慕とか、いろいろあります。お店の屋号に「ヒマワリ(ひまわり・向日葵)」を採用する店主も多いとか。なんとなく解りますね。安心感がひまわりという語の響きにありますからね。
 

2010年1月29日金曜日

雪解けの山の湿原の水芭蕉






 春の無料カット集に、以前制作した水芭蕉のイラストを追加しました。
 ツキノワグマは「冬眠後」の体内の老廃物を排出(嘔吐または下痢)するため、水芭蕉の花や葉を食べることがあるそうです。ツキノワグマは、水芭蕉に含まれている毒性分アルカロイドを利用して、このような排出作業を行うのだそうです。人間にはマネの出来ない熊の習慣ですね。有名な群落地に尾瀬や網走湖湖畔などがあります。

2010年1月28日木曜日

あっと驚く占い爺様







 今にもひっくり返りそうなくらい驚いている占い師のイラストです。
 占い師と言っても、爺様の占い師です。高齢になって、恐いものが無いくらい胆が据わっているはずなのに、いったい何に仰天しているのでしょう。
 とんでもない怪物の正体を見抜いて、人生最大の驚愕に落ち入ってしまったのかもしれません。職業が職業ですから、目まぐるしく変化して行くこの時代を見据えて、安穏としてはおれるはずはありません。自己の能力が自己を破滅に落とし込む。自家中毒の一種かな。
 占い師にもアイデアは必要です。閃きが無ければ、お客様を満足させることはできません。このびっくり仰天のイラストの占い師は、どんなアイデアに襲われたのでしょう。占い師も時には閃きに弾ける。そのアイデアを占い師の収入につなげるのもひとつのアイデアです。アイデアの親がいて、子供がいて、孫がいて、アイデアの大家族がいて、アイデアは成長するのでしょう。その成長ぶりが驚きです。

2010年1月27日水曜日

ベニコンゴウインコ







 以前、動物イラスト素材ページにアップした「ベニコンゴウインコ」のイラストです。
 元の作成データはアドビのイラストレーターで、それをJPG画像に変換してアップロードしています。写真を気長にトレースして描いたものです。アウトラインをとるのに根気が要りましたが、色の変化をつけるのは楽しかったですね。
 私の作例では、精細な方です。画像が少々荒いのは、ページが開く時の負担を軽くするために、解像度を落としているから。元のaiデータ(ベクトルデータ)ですと、どんなに拡大してもイラストが荒れるということはありません。
 このベニコンゴウインコは大判プリンターで、天地2mに拡大プリントして、ある会社のウィンドウに貼ってあります。

2010年1月26日火曜日

女性の唇







 唇のイラストです。唇の両端がつり上がっているのは、笑っているからでしょう。どちらかと言うと女性の唇かと思います。唇が女性的だからです。
 口笛は唇で音を出すのだそうです。セクシーな女性が口笛を吹けば、その音色もセクシーに聞こえます。唇は口の入口、言葉の出口。ものを言わなくても、何かを言っているような唇もあります。閉じていても何かを訴えている唇もあります。唇は心の出入り口でもあるかも知れません。

2010年1月25日月曜日

バレンタインデーのチョコレートをプレゼントする女性







 バレンタインデーイラスト素材のページに「バレンタインデーチョコレートをプレゼントする女性」のイラストを追加しました。
 20代から30代後半?のおしゃれで可愛い女性が描かれています。
 その女性が、若干照れながらも自信たっぷりにプレゼントのチョコレートを差し出しているイラストです。2月14日には、日本のあちこちで見かける光景になるでしょう。
 クリスマスにしろ、バレンタインデーにしろ、西洋かぶれ(古い?)と冷笑する方もおりますが、こういう消費活動が日本の経済を支えているという一面もあります。

2010年1月24日日曜日

木陰とベンチのピクト







 公園を表すピクトです。ピクトは、一目でそれが何を表しているかを、見る人に解らせなければなりません。
 このピクトは、植木とベンチとベンチに腰掛ける人。公園かな、という感じですね。公園には噴水がつきものですから、噴水を描けば、公園であることは一目瞭然です。ベンチや植木は公園以外でも見かけますが、噴水となると公園以外ではあまり見かけません。
 公園以外でも、そこに噴水があれば、そこは公園的な空間になってしまうのです。噴水はあたりを公園にします。
 ベンチは、バス停やショッピングセンターの広場なんかにも置いてあります。植木とベンチで公園を思わせるアイデアは何なんでしょう。意識的に噴水を排除したのでしょうね。一見派手な噴水が公園の主役だと思っている方が多いでしょうが、案外地味なベンチの方が主役かもしれません。夏の公園とくれば噴水ではないのです。夏の公園とくれば、木陰のベンチでしょう。木陰とベンチと噴水を描けば、一番解りやすい公園のピクトなのでしょうが、それでは素材が多過ぎて絵画的になってしまいます。木陰ベンチを選ぶか、噴水を選ぶか、アイデアが必要です。

2010年1月23日土曜日

カラーコーンのイラスト


 工事イラスト素材集のページに制作した、カラーコーンのイラストを追加しました。
 赤地に白いストライプの入ったカラーコーンのイラストです。
 建設工事現場や道路工事現場の保安用品として使われています。
 また、イベント会場の来客の誘導や仕切りにも使われます。
 色もカラフルで鮮やかなものが数種類あります。
 表情がカラフルで柔和(尖った部分が無い)なためイベント会場での使用が増加しています。
 イラストのように反射シート(イラストの白いストライプの箇所)が貼り付いていて、光が当たると反射して光るものもあります。
 カラーコンは目立たなければ、その職能を発揮出来ませんから、そのような姿をしています。
 用途に応じて文字の入ったものもあり、カラーコーンの使用は工事現場に限らず、使用者のアイデアで様々な場所で重宝されています。
 道路に面した店舗の前に、駐車禁止(迷惑駐車はお止め下さい)の表示として置かれているのをよく見かけます。

2010年1月22日金曜日

ボウリングのイラスト


 レジャーイラスト素材集のページに、製作したボウリングのイラストを掲載しました。
 今まさにボウルを転がそうと腕を大きく振り出した男性のボウリングのイラストです。
 転がす前の、ボウルを放るところと言った方が正確ですね。
 もちろん、ボウルはストライクを目指して放られ転がされるのです。
 
 ストライクを3回続けて出すことをターキーと言うんだそうです。
 七面鳥と関係あるのかないのか解りません。
 ターキーが「トルコ」をさす語であることは、聞いたことがあります。
 七面鳥の原産地はトルコでは無いということも、本で読んだことがあります。
 ボウリングとあまり関係無い話ですが。

 ボウリングは静かなブームをのばし続けています。
 ボウリングを楽しむ一定の層が確実に存在しているのです。
 大ブレークもしなければ廃れもしない。
 「商いは小当たりを続ける方が良い」という言葉もあります。

 

 

2010年1月21日木曜日

バレンタインデーのプレゼント







 バレンタインデーイラスト素材集のページに「バレンタインデーのプレゼント」のイラストを追加しました。
 メッセージをリボンで挟んで添えたおしゃれなプレゼントです。
 中身はチョコレートでしょうか。
 ハンカチや何かかな。
 中身がチョコレートであれば、それは若い女性からのプレゼントです。
 ハンカチとかバンダナとかスカーフであれば、やや年配のご婦人からのプレゼント。
 かつてバレンタインデーでは、洋菓子屋さんばかりが繁盛したものですが、現在は用品店をはじめとしていろんな商品を扱うお店が工夫をこらして、バレンタインデー商戦に臨んでいるようです。
 

2010年1月20日水曜日

バレンタインデーチョコレート







 バレンタインデーイラスト素材集のページに「バレンタインチョコレート」のイラストを追加しました。
 ハート型のラブチョコです。パリパリとした食感の、美味しそうなチョコレートです。ウィスキーを垂らして召し上がれば、グッと大人の味が引き立ちます。LOVEの文字がウィスキーの湖面に浮かび上がって、とてもロマンチックな気分になれると思います。

2010年1月18日月曜日

踊るピエロのイラスト

 
 ピエロイラスト素材集に、踊るピエロのイラストを加えました。
 手足を大きく伸ばして、カラフルな衣装を着て踊るピエロのイラストです。
 顔を陽気そうに化粧したピエロのおじさんです。
 ピエロは陽気でなくてはいけません。
 観客を陽気な気分にさせるのがピエロの仕事だからです。
 仕事でなくても、人を楽しい気分にしてくれる人はいます。
 それはピエロだけに備わった能力ではないのです。
 でも、仕事で無い人は気ままです。
 機嫌の悪いときは、むしろ、人を不愉快にしたりします。
 ピエロにはそれが許されません。
 仕事だからです。
 自分がどんな気分の時でも、観客を楽しませなければ、仕事では無いのです。
 そのアイデアが無ければ、彼はピエロでは無いのです。
 だからピエロはアイデアの宝庫です。
 それがイラストの姿形に表れています。
 このイラストのおじさんピエロは、アイデアがちょっと貧しいです。
 でもいつかきっと豊かになるでしょう。
 それを信じてアイデアを蓄えています。
 そういうイラストのピエロです。

2010年1月16日土曜日

雨上がりの紫陽花








 紫陽花のイラストです。
 紫陽花の花言葉は「移り気・心変わり」だそうです。土壌に含まれる要素によって花の色が変化します。酸性土壌とかアルカリ土壌とかで、変わるそうです。赤くなったり青くなったりするようです。人間では「しどろもどろ」といった有様でしょうか。でも、そういう混乱・錯乱状態からはほど遠い場所に咲いているのが紫陽花です。派手なようで質素、質素なようで派手。混乱と秩序が混在する平地で、紫陽花は知らん振りして咲いています。

2010年1月15日金曜日

柔道選手のイラスト


 スポーツイラスト素材集のページに柔道選手のイラストを加えました。
 がっしりと立ってかまえている成人柔道選手のイラストです。
 黒帯で強そうです。
 顔つきから、職業は警察官かも知れません。
 職業柄、警察官は柔道が強いです。
 強くなければ仕事が勤まらない、という一面もあります。
 それは属している部署にもよることですが。
 
 「柔道整復師」という職業もあります。
 俗にいう「骨接ぎ」という仕事のことらしいが、彼らが施術する時には、イラストのような柔道着を着用するということは、まず無い。
 柔道着は、柔道という格闘競技を行う上で必要なものなのである。
 骨接ぎと柔道は、どうして密接な関係があるのでしょう。
 柔道を極めれば、自然と骨接ぎの技術が身に付くかと言えば、そうでは無いらしい。
 格闘技術と医療技術のマッチングがとても興味深いですね。

2010年1月12日火曜日

スコップを持った作業員のイラスト



 スコップを持って作業している道路工事作業員のイラストです。
 自動車のライトを浴びると反射するシートを貼った安全作業ベストをまとった男性作業員のイラストです。
 重機が入らない部分や、重機の残したちょっとの箇所をスコップで仕上げて行く作業を行っています。
 冬場でも体を動かしているので、けっこう汗をかきます。
 こまめに体温調節を行わないと、汗で体を冷やし過ぎて、風邪を引いたりします。
 厳しい仕事ですが、一日の労働が終わる安堵感がたまりません。
 仕事をしていれば、幸福な時間はどこにでもあります。
 消耗と幸福と、疲労と笑いがごちゃ混ぜになって一日が終わります。

 道路工事作業員はイラストのように、黙々と働きます。
 仕事をするということはこういう事だと、働いているうちに身に付けた「仕事に対する考え方」を基に作業をしているのです。

 こういう考えの人達が、日本の経済の基礎を支えてきたのです。
 黙々と働き、コツコツと実績を積み上げる。
 こうして、道路網の拡充整備とともに日本経済は伸びてきました。
 それが良いとか悪いとか、様々な意見が飛び交うなか、道路工事作業員は黙々と体を動かして一日の糧を得ているのです。
 


2010年1月10日日曜日

工事現場の安全誘導員








 工事現場、特に道路工事現場で主に工事車両や建設機械を誘導する安全誘導員のイラストです。
 安全誘導員は、工事作業従事者と一般の通行人の安全を確保するために欠かせない役割を担っています。安全誘導員は、危険予知に対する的確な認識力・判断能力が必要です。工事現場での安全確保も、建造物の完成と同時に、重要な建設的仕事です。
 安全誘導員は、その工事現場の「顔」的な存在なのです。

2010年1月9日土曜日

稲田の中の案山子のイラスト


 田んぼの中に一本脚で立っている年老いた案山子のイラストです。
 案山子と言っても、人形造作の案山子ではなく、案山子のマネをしている老人なのです。
 そもそも案山子は、人間の造作をまねた人形のことですから、それを更に人間がまねるということは、どういうことか。
 どういうことでもありません。
 こうしてカラスと遊んでいるだけのことなんです。
 こういう遊びが案山子効果を倍増させ、稲田の平和を維持しているという結果になっているのかも知れません。
 カラスと案山子、イラスト的には田舎風景に溶け込んでいる「構図」です。
 
 このご老人は人形の案山子では、不満なのでしょう。
 田んぼの中にボーっと立っているだけの案山子に物足りなさを感じて、こんな酔狂を演じているのです。
 やってみれば、けっこう面白い。
 カラスと遊んでいるだけでも楽しい。
 そもそも、手塩にかけた自分の農産物の管理を、ぼんやりの案山子に任せてはおけない。
 自分が目を光らせてないと納得できない性分のご老人なのです。

2010年1月8日金曜日

春一番の福寿草(フクジュソウ)のイラスト

A pheasant's eye



 福を招く縁起の良い花として親しまれている福寿草のイラストです。
 黄色い大きな花が前面に出て、葉は花の陰に隠れていることが多い福寿草のイラストです。
 福寿草の根は強心作用、利尿作用があり、民間薬として使われていたこともあるとか。
 しかし根は、強い毒性を持っているため民間薬として扱うには高度な知識がないと危険です。
 春を告げる花として、元日草(ガンジツソウ)等の別名を持っていますが、縁起の良いイメージとは裏腹に致死的なアドニンという毒性分を有するそうです。
 奇麗な花には毒がある。

 この花が咲き始めると、温かい日が続くようになり、寒い冬から解放されるのです。
 福寿草のイラストは、スプリングセールとか冬物一掃セールとかの看板やチラシにマッチします。
 温かい春の到来の雰囲気を漂わせるのに効果的です。

2010年1月7日木曜日

提灯お化けのイラスト

The ghost of the lantern.


 ご覧の通りの提灯お化けのイラストです。
 破れ提灯に、ひとつ目と長い舌が特徴。
 舌が長くて、もの言いたげだが、あまりしゃべらない。
 昔、「お化けだぞう」と言ったものの、「ああ、そうだね」と言い返されて、しょげて、それ以来沈黙を守っている。
 日本のお化けは、西洋の悪魔とは違う。
 どちらかというと、愉快犯。
 人間の驚く姿が、お化け自身のアイデンティティーなのだ。
 人間の破滅がその存在理由である悪魔とは別もの。
 日本のお化けは、よく見ると恐いし、もっと良く見ると面白い。
 その繰り返し。
 お化けとは永遠のリピート。
 その人の年齢とともに、その時代の変遷とともに繰り返される恐怖と笑い。
 もっとも身近にいる遠い存在。
 お化けのイラストは、キャラクターの宝庫です。

2010年1月6日水曜日

インフルエンザの予防マスクをしている女性のイラスト

I wear a mask to prevent the flu.


 マスクをした女性のイラストです。
 黄色いシャツを着た髪の長い女性が、大きなマスクをかけているイラストです。
 マスクは、新型インフルエンザの予防に効果的です。
 新型インフルエンザの流行も下火になりつつある昨今、予防マスクの売れ行きも伸び悩んでいるみたいです。
 そう言えば、ワクチンの方も過剰ぎみだとか。
 いずれにしろ、乾燥した空気の中では、マスクは口内で湿った空気を維持してくれますから、快適です。
 風邪で喉が痛い時など、痛みの緩和に有効だと思います。
 個人差はありますが。 
 これが重要です。
 マスクは個人差です。
 予防効果も、似合う似合わないも、全て個人差なのです。
 このイラストは一例に過ぎません。
 どんな説明的なイラストも一般的な一例に過ぎません。
 実用イラストは没個性的です。
 そうであるから多くの一般の方に理解されるのです。

2010年1月5日火曜日

元気な爺様の大工







 大工爺のイラストです。腕は良さそうですが、ちょっと恐そうですね。でも小さな地下足袋が可愛い。恐怖と愛らしさが混在している爺様大工の顔です。顔の通り、恐くて優しい爺様。
昔はたくさんいたキャラクターなんですが。
 よく見ると、耳にピアス。絵が小さいから不鮮明ですが、確かに、耳にピアス。右手に金槌、左手に板、腰にノコギリとさしがね(尺金)と釘、左の耳に大きなリングのピアス。古くて新しい人間なんですね、職人て。
 さらによく見ると、髪の毛。まばらになった髪の毛を金色に染めてるね。金髪。う〜ん、まいった、まいった。爺様には歳を重ねたという実績がある。まだ年若いものは、不確かな可能性だけだからね。
 そんな爺様大工はアイデアの宝庫なんです。どういうアイデアかというと、年老いても元気に働ける、というアイデアです。それは思想です。幸せは何かという、その答えの思想です。大工爺のイラストはそのアイデアの形であるのかも知れません。

2010年1月4日月曜日

柔和なお地蔵様のイラスト



 村のはずれに置かれた石のお地蔵様のイラストです。
 なんと柔和なお顔でしょう。
 立派なものは地蔵菩薩と呼ばれているそうです。
 田舎の集落のはずれで見かける、石で出来た小さなものは「お地蔵さん」と親しみを込めて呼ばれています。
 「子供の守り神」としての信仰があり、子ども向けのお菓子などが供えられているのを、良く見かけます。
 信仰はともかくとして、お地蔵様のアイデアは、周辺の空気を穏やかなものにする力です。
 その柔和な存在感が、人々の気持ちを優しいものにします。
 優しい心は、優れたアイデアを生み出す温床のようなものです。
 お地蔵さんに手を合わせる行為は、優しい心の働きを促します。
 その人固有の幸福のアイデアが小さく芽吹くのです。
 固有のアイデアを全般のものにするには、その人の働きが必要です。
 その働く様を、お地蔵様は静かに見ています。
 手を合わせて祈る人にお地蔵様は言います。
 「あなたのアイデアを言いなさい、それが大きく育つように私も祈ります」
 お地蔵様も手を合わせて祈っているのです。

 現物の石のお地蔵様はもちろんのこと、イラストのお地蔵様でも、優しい笑顔を見れば心が和みます。


 

2010年1月3日日曜日

簡易コンパスのイラスト



 小学生の頃、筆箱の中に入れてあった簡易コンパスのイラストです。
 どこが簡易かと言いますと、このコンパスでは、建築設計の図面は描けないからです。
 固定部分が緩いため、精密な仕事には向いてないコンパスです。
 小学生の図画とか図工とか、ちょっと曖昧さが許される作業では、これでも充分威力を発揮します。
 コンパスの仕事は円を描くだけではありません。
 正三角形を描いたり、線の中心を描き出したり、いろいろです。
 いまだに発見されていない、可能な仕事もあるかもしれません。
 そういうアイデアを秘めたコンパスです。
 コンパスを発明した方が、コンパスの全ての性能を熟知して発明した訳ではないでしょう。
 アイデアや発明にはそういう傾向が付きまとうと、浅学ながら考えています。
 アイデアの多少の曖昧さは、この簡易コンパスのように、在っても良いと思います。
 それでも充分威力を発揮出来ると思っています。
 こんなイラストの形が、簡易コンパスのアイデアを拡げます。
 簡易コンパスは精緻さに欠けますが、自由があります。
 固定されない自由さが自在な曲線を描き出すかも知れません。

2010年1月2日土曜日

シンプルな素うどんのイラスト


 どんぶりの中の簡素な素うどんのイラストです。
 素と言っても、刻みネギは入っています。
 このシンプルな料理がうどんの旨味を引き出していると思います。
 出汁は、昆布とかつおぶしと煮干しとお酒と塩をうまく調和させたもの。
 余分な味が混ざり込むことなく、すーっとうどんの味が口のなかに広がります。
 すーっと広がる様は、うまいアイデアが湧いた時のようです。
 新年の2日に、贅沢して極上の素うどんを食べる。
 美味しい食べ物は、人を幸福な気分へ導いてくれます。
 幸福へ向かう小さなアイデアが、生まれます。
 気をつけていないと見過ごしてしまうほどの小さなアイデアです。
 素うどんのイラストはここにあります。
 そのうどんの影に小さなアイデアの生誕があるのです。
 とてもオリジナルでシンプルなアイデア。
 だから、時には胃袋を素うどんへ開放してあげましょう。
 青空の開放感のもと、小さなアイデアが芽吹きます。
 素なものは、アイデアの原型です。